品質検査部

TEC Moldは品質に強くコミットしています。

2011年からISO 90012008およびISO / TS 169492009に認定されました。

各部門に専用の品質部門を導入し、品質手順を厳守しています。

金型の主なQC手順:

1.入荷検査:

鉄鋼の硬度と鋼、金型ベース、部品の完全検査が含まれます。

2.インプロセス検査:

電極検査、キャビティ、コア&インサート検査、プレアセンブリ検査、モールドトライアルレポート、サンプル検査。

3.最終検査制御:

金型および梱包に関する出荷前検査を含みます。鋼製証明書、2Dおよび3D金型設計、金型試験用ビデオが含まれます。 品質検査報告書、鋼検査報告書、電極検査報告書、熱処理報告書、IQC報告書、IPQC報告書、検品検査報告書および出荷前QA報告書が含まれています。





质检部
质检部

生産のための主なQC手順:

1.サプライヤー監査手続き
2.製品の識別
3.入荷検査手順
4.生産工程の検査手順
5.最終検査手続き
6.検査手順及び検査手順の検査状況
7.不適合製品管理手順
8.是正措置および予防措置の管理手続き
9.顧客苦情管理手続き
10.私たちのCMMを使用してISIRを作成し、完全なCPK、FAI PPAP、PFMEAのドキュメントを提供します。


金型メンテナンス:

お客様が弊社に置いている金型を保護するため、弊社は専門の場所と人員を作って、金型に対して定期的なメンテナンスをしています。

. 日常のメンテナンス:責任の技師がシフト(12H)ごとに一回メンテナンスし、「作業日報表」に記録しています。
2
. 定期メンテナンス
50T
100T: 60000ショットごとに一回メンテナンスします。
150T
160T: 50000ショットごとに一回メンテナンスします。
220T
350T: 40000ショットごとに一回メンテナンスします。
468~800T
20000ショットごとに一回メンテナンスします。
1300~2400T
10000ショットごとに一回メンテナンスします。
3600T
10000ショットごとに一回メンテナンスします。
. 外観メンテナンス:金型の外側に潤滑油を塗布し、錆びないようにする。金型を成形機から降ろしたら、表面に防錆剤をスプレーする。保存する時、埃が金型の中に入らないように、金型をちゃんと閉める必要があります。金型管理者及び型降ろす技術工が外観のメンテナンスをしています。



リンク

Wechat公式アカウント

Copyright ©2016-2017 有限会社景栄精密金型シンセン
犀牛云提供企业云服务